霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル

台湾高雄市/岐阜県/福岡県から海外と日本の皆様を遠隔&対面でスピリチュアルナビゲート。 何かに偏る事なく現実と向き合う全脳スピリチュアル派。廟に通う道教系。音声番組好評配信中! HPはこちら→ http://hanuru.jimdo.com/

火星&R土星+R木星が私にくれたもの。(⇒新規予約受け付再開のお知らせ)

f:id:hanuru-hanuru:20200703222638p:plain

あなたが私にくれたもの〜♪なんて歌がありましたよね。そう、ジッタリン・ジンの。ふとそんなことを思い出しているハヌルです。大好きだったけどー!とカラオケで思いっきり絶叫して歌ってみたいのですが、そうもいかない相変わらずのコロナデイズ。

 

宣言解除になった日から数えて2週間頃な昨日(7/2)、東京では感染者が急増し、新たに107人の感染が確認されました。

 

f:id:hanuru-hanuru:20200702221743p:plain

いろんな意見があると思いますが、私はやはりこういう流れになったなぁ・・と思いながらニュースを眺めています。

元々、明確に解決の決め手が見つかっているわけではないので、相変わらずちょっとした事から感染拡大する可能性はまったく減っていないわけです。

 

 

ちょうど、7/2土星が山羊逆行開始。

これから9月の末頃まで山羊座で逆行をするわけですが、5月11日から水瓶座で逆行していた土星はそのまま山羊座へドーンと突入し、最後の「根本的に残すもの」を問いかけ始めたように感じます。

 

それは私達の根幹に関わること、もの。何がなくては生きていけないの?」「それのためには何が必要なの?」という強烈なクエスチョンが世界の上に輝いているかのようです。

 

山羊座といえば公共性も外せません。つまり、個人だけでなく、集団への問いかけなのですね。逆行開始日と感染拡大要警戒の段階というニュースが同日であるというのも、象徴的な気がします。

逆行ですから、ことは見直し。これから9月末までそれが続くのですね。土星もだけど木星もおるでよ!な山羊座ですから、「強烈なクエスチョン」で導き出されるもの・行動とともに「きみたちはなにを道徳心とするのだね?とこれまたキツーイご質問を頂いてるような気持ちになります。

 

北斗の拳土星木星

これを書き始めたら、ふと、北斗の拳の世界を思い出したのですが。

ヒャッハーな修羅の国即物的に生きるモブキャラの皆さんも、それなりに規律があり、その規律によりグループは統制支配されているようだった記憶があります。

アニメを見ても漫画を読んでも、案外ヒャッハーな皆さんは、上下関係のある集団に属し、上に向かっては敬語使って行動してますよね。そうしないと生きられないから、ですよね。おそらく。

 

当てはめてみればそこでは土星的強烈クエスチョン「何がなくては生きていけないの?」「それのためには何が必要なの?」への答えとして「水と食料」「腕力」という「共通の意識」が集団を支配しています。故に腕力が強い者(または強い腕力を持つ者を従える者)が、上位者として存在しているのが北斗の拳の世界です。

 

f:id:hanuru-hanuru:20200703102204p:plain

※ねこねこヒャッハーは無理があった・・・(汗)

 

その「共通の意識」の向こう側にあるものを問いかけ来るのが、木星の持つ「では何の為に生きるのか?」という一種の禅めいたクエスチョンであり、それを個人個人が自分に問いかけることが結果、人間のグループとしての精神意識の成長機会になっているのではないでしょうか。

 

「何のために生きるのか」「どうやって生きるのか」に密接に繋がっています。それを現実的にわかりやすくいうなら「きみたちはなにを道徳心とするのだね?」という言い方になるのではと。

 

古くて新しい道徳心

f:id:hanuru-hanuru:20200703105036p:plain

そう思うと、北斗の拳の中にも愛・仁義などの様々な「信念」の元に生きるキャラが対比的に現れており、例えば、トキという存在はまさに木星的提示描写に思えます。信念とはまさに木星です。(何十年読んでないので読み返したくなりました!)

 

道徳心というと、古臭い、今にそぐわないものという印象がある言葉かもしれませんが、

 

 人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範の総体。外面的・物理的強制を伴う法律と異なり、自発的に正しい行為へと促す内面的原理として働く。-goo辞書より

 

 

つまり、

 

社会生活を営む上で、ひとりひとりが守るべき行為の規準(の総体)。自分の良心によって、善を行い悪を行わないこと。

 

というものです。

 

土星のクエスチョンの結実が外面的・物理的強制を伴う法律となり、木星のクエスチョンの結果が、 自発的に正しい行為へと促す内面的原理へと結実していくわけです。(北斗の拳の世界は、木星のクエスチョンが働いて答えを問われている渦中の世界・・なのかもしれません)

 

この2つが手をつないで(?)山羊座を逆走しているということは、古くかつ新しい社会基盤とそれを運営するための理念(価値観)の創出を思います。温故知新、という言葉もふと頭に浮かんだりして。

 

どんなに社会が変わっても、人の心の根底にあるものが、社会を動かす時のブレーキとなりアクセルとなる、かもしれませんね。

 

【追加】

7年前の自分からメッセージが届いたのも本日でした。

f:id:hanuru-hanuru:20200703235155p:plain

Confucius said, “People want wealth and honor. But we should not accept these things if we got them unfairly. People dislike poverty and contempt. But we should accept these things if we got them reasonably. How on earth can gentlemen without benevolence build a reputation? Gentlemen must behave with benevolence always, even when they eat meals or they got an accident.”」

うーん、まさに、この土星木星の話だなと、読んで感じた次第。

(追加ここまで)

 

・・・・で。天体の影響は、地球全般に投げかけられていますので、当然、私にも影響が少なからずあるわけです。

 

そんな中、6月28日に火星が牡羊座に入りました。

皆さんはなにか影響を感じてらっしゃいます?

f:id:hanuru-hanuru:20200703103737p:plain

東京での感染者急増のニュースも、タイミング的に土星だけでなく火星味を感じます。

 もしかしたら、なかにはイライラしたり、カッカしたり、炎症や発熱で出ている方もいらっしゃるかもですね。頭痛とかね。気候も不安定ですし。

火星は創造する力です。うまく火星を使っていきたいですね。

 

ネイタルに牡羊0度の火星持ちな為でしょうか、私は・・・もう、びっくりするくらい・・・急にエンジンスタート!アクセル全開で踏み込んで、活動しております。

f:id:hanuru-hanuru:20200703103056p:plain

自分でもびっくりしている次第。

 

普段頑張らないので、少し頑張っただけで、「がんばったー!」とTwitterでつぶやく甘えん坊です。すみません(照)

 

火星がいい感じで火をつけてくれたらしく、2月から漠然と考えていたコロナ応援新メニューについて、手をつけました。

そこから一気に、ランディングページの作成と合わせて、3年ほど更新放置していたHPの整理整頓に、新しいメールフォームを作成し設置し直しました。どんだけ〜!と我ながらほんとに思います。

 

HP関連はどれも、私にとって仕事の「基盤」といえるもの、新メニューは自分の理念作ったもの、つまり、土星木星に火(火星)がついた」のが現実で形になっている感じでしょうか。(さらに3年ぶりにアメブロにログインしたりしてます。)

 

火星と土星が私にくれたものは、明らかに古く形骸化して今の現実にはそぐわない基盤を見直させ、木星が、仕事に対する理念信念の再確認させているような気がします。

 

 

大好きだったけどー♪というジッタリンジンの「プレゼント」という歌も、実は自分の好きな人には彼女が他にいたという現実への直視と、自分の持っているたくさんの既に古くなったものへの気付き、そして、それらを大好きだったけど」「バイバイ」と別れアップデート、新しい自分の創造という歌なのだろうと思います。

 

 

しかし北斗の拳といい、ジッタリン・ジンといい、古いなー!と思うのですが、上で自分で「温故知新」と書いてましたが、まさに、見直し、・・・かも(苦笑)

 

 

そんなわけで。

 

COVID-19影響特別期間限定メニューを開始

コロナの影響はこれから社会の端々に更に現れてくると考えています。

既に長くなってきた感染をさせないための抑圧的生活も、宣言解除とともに開放に向かった結果、感染拡大警戒段階に再び入りました。世界の国々に目を転じれば、コロナの猛威はまったく収まっていないように見えます。

ただの病気の蔓延ではない、大型倒産など全世界を巻き込んだいろんな物事の死(土星)が、様々な目に見える形でもっと私達の生活に関与していくでしょう。

 

そんな中で、私も今更ですが、これまでのセッションメニューはすべて一端停止。内容・時間・料金を刷新した、COVID-19影響特別期間限定メニューを開始することに致しました。

 

↓コチラが新しいメニューページです↓

peraichi.com

 

えっ、今頃?!遅いよー!!と言われそうなのですが、非日常が本当の意味で日常化している今だからこそ、始める時だと思いました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

元々私はSkypeを使ったセッションを長くやっていますので、そこに関しては今まで通りで、特に変更はありません。ただし、必要に応じて新しいコミュニケーション手段の導入も検討しする予定です。(音声通話のみのスカイフォンとか・・考えてます。)

 

色々考えると、年内・・2021年明けても、福岡にいそうな気がします。せっかくなので、遅まきながら、ネットを活用しいろいろ頑張りたい私です。(出だし遅子)

 

 

個人セッション新規受付再開。

コロナ影響期間特別応援メニューを始めます。

■新しい視点と気づきの為の霊視セッション

 

○*皆さまのフォローお待ちしております○*

ゆめみる宝石無料音声配信番組⇒ ハヌルの霊能者ラジオ

ゆめみる宝石Twitter⇒ https://twitter.com/hanuru_ 

ゆめみる宝石インスタグラム⇒ 休止中(そろそろ復活したい)

 


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトに一票が入ります。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

 

 
 

 

よもぎのパワーで魔除けしよう〜台湾・端午節からのよもぎ話〜

f:id:hanuru-hanuru:20200624124501p:plain

大家好!ハヌルです。

前回は明後日25日の☆年に1度、農暦端午節だけにできる開運法を書きましたが、記事の最後によもぎ飾るべし!」と書きました。「飾るって、あーた!どんな風にしたらいいザマス?!」と思った方もいらっしゃるかも?なので、書いていきますね〜。

 

前回の記事はこちら。

hanuru.hatenablog.com

 

 

中国でも よもぎ やってます

こちら中国上海の様子。

以前上海に住んでいらした方によると、前は見かけなかったそうなので、コロナ禍で古い習慣が復活している部分もありそうです。 

 

一方こちらは蘇州での様子。

 

 

大蒜が赤くしてありますね!これは赤色の持つ辟邪パワーを足しているのでしょうね。

よもぎも大蒜も洋の東西を問わず、魔除け、浄化に使われてきた植物ですし、菖蒲も東洋ではおなじみです。

菖蒲はクローブなどにも含まれている殺菌効果のあるオイゲノールを持っており、雨が多く気候が不安定なこの時期に使われるのも納得です(特に根っこに多く成分があるのだとか)。

ですから、この3点セットは蘇州的実用魔除けセットとも言えますね。

 

しかしなんと言ってもよもぎです

f:id:hanuru-hanuru:20200624135849p:plain

https://www.xuehua.us/a/5eb7bf7d86ec4d630fd363b0?lang=zh-tw

こちらは広州の様子です。画像で、よもぎを扉の両側に、一枝づつ飾っているのが見えます。このように、菖蒲はなくよもぎのみを扉前や門柱に立てたり、吊るしたりする家は台湾にもあるようです。つまり、よもぎは絶対外せないもの、ということがわかります。

この行事の由来もいくつかあるのですが、行為としてはもしかしたら、よもぎのみを使うほうが古く、後に菖蒲を使うようになったのかもしれません(シンプル⇒複雑化とう流れという仮説)。

また、よもぎ及び類する物は世界中広範囲に生えており、冬〜春中旬以外はいつでも手に入りやすく使いやすい上に、薬効があるからという理由だったかもしれません。

恐らく間違いないのは、「香り」が邪気や魔を遠ざけるから、でしょう。

(この辺りは未調べなので、いづれまた)

 

「神草」「ハーブの女王」としてのよもぎ

 

f:id:hanuru-hanuru:20200624124644p:plain

 

よもぎはハーブの女王と呼ばれることをご存知でしたか?

独特の香りは、アロマでもおなじみの芳香成分シネオールを50%含んでいることからとwikiにありました。ティートリー、セージなどに多く含まれている芳香成分で、それらのハーブのどれもみな、すーっとしたような独特の香りを持ち、殺菌、抗菌に古くから使われてきていますね。(精油ではローズマリー・シネオールが頭に浮かびます。)

 

以下によると、やはり香りが重要で、よもぎの香りはユーカリプトールと書かれています。これは慣用名で上に書いたシネオールのことを指します。シネオールも、アロマ関係者なら1,8シネオールという言い方のほうが慣れているかもですよね。

 

草餅(もち)やモグサに使われるヨモギは身近な野草だ。ヨモギアイヌ語でヤヤンノヤといい、「昔通のもみ草」という意味だ。
 もんだり、すりつぶしたりして擦り傷、切り傷などの止血に使うことが古くから知られ、比較的容易に採取できたことがうかがえる。


 モグサの名も、ヨモギの乾かした葉をもんで作ることから付けられたとか、燃やして灸(きゅう)をする燃草から転じたなど諸説ある。


 6世紀ごろの中国では5月5日にヨモギでつくった人形を門戸に飾って魔除(よ)けを行う風習があった。日本や朝鮮半島にはヨモギでトラをつくったり、トラの人形にヨモギの葉を貼(は)り付けたりするかたちで伝わっており、端午の節句には現在のような五月人形ではなく、トラの人形が魔除けとして飾られていた。


 ヨモギに魔除けの力を信じたのは、その香りにある。葉に含まれるユーカリプトールという精油がよい香りを放つ。
 この時期には菖蒲(ショウブ)もまたヨモギ同様邪気を払うのに使われた。こちらはアサロンを主成分にする精油が菖蒲特有の香りを放ち、五月の節にヨモギと菖蒲を屋根にさす、すなわち屋根やひさしをこれらで葺(ふ)くという習わしが平安時代から近年まで行われていた。


 中国で旧暦の5月は現在の6月にあたる。このころは次第に日が長くなり、「日の長いことが極まる(夏至)前は、陰と陽が争い死生が分かれる」とされて5月は縁起の悪い月だった。また、梅雨の季節にもあたり、田植えも始まって忙しくなる時期に悪い病気にかからないようにとの願いも込め、邪悪払いが行事となった。


 古来より、強烈な芳香を持つ植物が薬として使われていたのは、このような目に見えぬ魔や邪気を祓(はら)うと信じられていたからだ。

※引用 秋田県薬剤師会 百薬一話題344話「邪気払う植物の香り」百薬一話 | 一般社団法人 秋田県薬剤師会

より。(下線はハヌルによる)

 

 台湾ではよもぎを別名「神草」と呼び、古い家(特に幼い子どもがいる家庭)では、よもぎを入れた風呂に3日続けて入浴すると邪気を避け百病が去るとし、これを三洗と呼ぶのだそうです。東南アジア各国では、消障辟邪駆虫など様々な理由で、よもぎのお香を使っています。私も台湾ではよく使ってました。

 

例えばアジア以外でも、どちらもアメリカ在住の方なのですが、モンゴル人シャーマンご夫妻や、お祖母様がアイヌのシャーマンでらっしゃったというクォーターの女性など、よもぎを使った浄化ワークショップ開催をなさっています。(以前私の霊視セッションを何度か受けて頂いており、それらを知りました)

 

世界各地で文化を問わず、ハーブが古い時代から霊的浄化や魔除け厄除けに使われてきたことは知られていますが、よもぎもそのように使用されていたことについて、今の日本のスピではあまり目を向けられていない気がして、もったいないなと。

それで今回記事にしてみた、という次第です。

 

台湾の端午節での使い方

 

f:id:hanuru-hanuru:20200624124501p:plain

こちらは私がネットで見たものを参考にして描いたものです。

 

左側お風呂での浄化用で、レモングラスよもぎを束にして巻きまとめたものです。
右側門扉や玄関扉に立てる用です。台湾ではお祓いなど神事にガジュマルをよく使います。(樹公信仰という信仰があり、ガジュマルがご神木になったりするんですよ。)そのためか、菖蒲を使う所もあるし、菖蒲は無しでガジュマルを使う所もあれば、両方取り入れている所もあります。

 

 

f:id:hanuru-hanuru:20200624164242p:plain

(画像:下記wikiより)

 

さらに、ここに季節のお花を足したりします。特に、龍船花(サンタンカ)は、家族の健康と福を守る縁起の良い花で、一緒に飾る人も少なくありません。

 

zh-yue.wikipedia.org

 

これらは立ててもいいですし、ぶら下げている家もあります。

 

f:id:hanuru-hanuru:20200624170907p:plain

(2018.6.21撮影)

これは私が、台湾の離島(澎湖島)の澎湖縣馬公市民族路沿いでうつしたものです。

 

f:id:hanuru-hanuru:20200624170401p:plain

よもぎとガジュマルのセットですね!

 

f:id:hanuru-hanuru:20200624170608p:plain

(2018.6.22撮影)

こちらは同じく馬公市の中心にある老街にて。手ブレしてしまったのか、うまく写っていないのですが・・よーーーく見ると、よもぎ+ガジュマル+龍船花らしきものが写っています。



なぜ馬公に行ったのかといえば・・・コレです・・・・。

そう、フーチの源流訪ね旅でした・・。

hanuru.hatenablog.com

(続き・・忘れてました・・。単に個人的記録なんですけども・・。)

 

Twitterでみるとこんな感じ

台湾の皆さんのツイートを拾ってみました。

 

 

こちらは龍船花のかわりにガーベラを挿してますね〜。

 

こんな風にアレンジするパターンも。

 

今回のまとめ

  • よもぎ及び近縁種はヨーロッパからアジアまで広く魔除けや開運などに使用されてきた実績がある。
  • 実際に薬効があり、芳香成分シネオールを50%含む別名「神草」「ハーブの女王」。
  • スピ活(心身・カード・パワーストーン・部屋の浄化、結界作り等々)に活用しよう
  • 玄関・部屋のドアなど、外と中をつなぐ場所に生のよもぎを飾ってみるのも手。

 

よもぎは日本の私達にとってもかなり身近な存在です。ぜひ、これからのスピ活に、浄化、魔除けに、よもぎも候補にいれてみてくださいね。

 

よもぎはキク科です。キク科植物のアレルギーがある方は十分に注意をし、少しでもなにかいつもと違う感じがしたら使用中止するなど、常識的な行動と判断をお願いします。

 

そして明日の端午節の開運もお忘れなく!

hanuru.hatenablog.com

 

ハヌルのねこねこ中国語やってます

FBとTwitterにこんな感じのイラストを最近投稿しております。

 

 

よかったら、Twitterで見てみてくださいね。

(今回の記事も一枚イラストにまとめてUPする予定です)

 

【追加】まとめ図解をTwitterとFBに投稿しました

f:id:hanuru-hanuru:20200625110631p:plain

ラジオもほぼ各日配信です!よろしくです〜♪

radiotalk.jp

 

ではでは 下次見〜!


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトに一票が入ります。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

○*お気軽にフォローください○*
ゆめみる宝石 Twitter  ゆめみる宝石 https://twitter.com/hanuru_
ゆめみる宝石Facebookページ ゆめみる宝石 https://www.facebook.com/himitsuhanuru/

ゆめみる宝石無料音声配信 ゆめみる宝石  https://radiotalk.jp/program/45685