霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル

台湾高雄市&岐阜県から海外と日本の皆様を遠隔&対面でスピリチュアルナビゲート。 何かに偏る事なく現実と向き合う全脳スピリチュアル派。浄化、占星術、透視能力開発など各講座好評全国開催中!   HPはこちら→ http://hanuru.jimdo.com/

本日発売の学研ムー5月号 総力特集にて取り上げていただきました。

f:id:hanuru-hanuru:20180409130619j:plain

総力特集/転生と臨死体験の謎を解く「中間生の秘密」

 

普段、私ハヌルは、SNS等において、あまり霊的な世界について積極的に発信することはしてきておりませんでした。どちらかというと、俗な世界の美味しいごはんや好きな歌、可愛い動物ネタなどなど、シェアさせていただいたたりRTさせていただいたり。どの辺がスピリチュアリストなのかしら・・・と思わずリムーブしたくなるアカウントとなっております。(このブログですらそうですよね 汗)

しかしなんと言っても学研ムー。それも中間生の総力特集ということで。今回お声かけをいただき、お話させていただきました。

 

450号特大記念号は、いつも以上に盛りだくさなのです。

今回の号は450号特大記念号!他にも、特別企画、実用スペシャルに、読者が参加できる誌上実験など盛りだくさんです。(なんと、台湾の伝統的な文化のひとつ「神豬比賽」の取材記事も掲載されているようです。※現在私は海外な為、まだ未見なのです

 

gakkenmu.jp

 

ところでムーって創刊して何年くらいになるのかな?

f:id:hanuru-hanuru:20180409142240j:plain

ふと、気になりました。

創刊は1979年とのことですので、今年で39年目なのですね。そんなにも長い間、日本のミエナイ世界を牽引してきた月刊ムー、それとともに、39年間、毎月ムーの発売を楽しみに待っている読者が絶えずにいるということは、本当に素晴らしい事です。

 

「ムーって本屋さんに置いてあるんですか?」 

f:id:hanuru-hanuru:20180409144513p:plain

お客様からそんな質問をいただきました。

全国の書店に並んでいると思われますよ!よく、愛知・岐阜あたりでは、雑誌のニュートンなどと同じ一般情報誌(または男性向け一般情報誌)コーナーにおいてあったりするのですが、他の地方ではどうかわかりませんので、どこにあるのかわからない・・という方は、ぜひ店員さんにお尋ねください。または、amazon等ネットでも販売されていますよ。

 

海外でもムーの読者はいるのです。

f:id:hanuru-hanuru:20180409141636p:plain

 

かつてNYの紀伊國屋書店で買っていたというお客様がいらっしゃったので、もしかしたら台湾も台北淳久堂ジュンク堂書店)には並んでいるかもしれませんね。

高雄の紀伊國屋書店は置いているのかわからないので、後ほどチラリと覗いてこようかなと思います。日本の雑誌が沢山ある高雄市立図書総館には残念ながら置いてありませんでした。またMLD台鋁のreadingや大遠百の誠品にも無いように思いますが、私がわからなかっただけかもしれません。もし高雄ではあそこに置いてあるよ!とご存知の方がいらっしゃいましたら情報を教えていただけたら嬉しいです。

 

6月に東京で講座を予定しています。

f:id:hanuru-hanuru:20180409150505p:plain

詳細はまだ未定ですが、6月の下旬に都内で講座を開催します。また詳細はTwitterまたは、このブログでお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトにあなたの一票が入ります。

1日一回応援クリックしていただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いします。 

 

【台湾 高雄】みんなと違う所へ行きたい?なら、インスタ映え間違い無しの「集盒 Kubic」に行くべし。

f:id:hanuru-hanuru:20180404153914j:plain

高雄は輝く光と色彩の都市である。

 

日本と高雄を結ぶLCCが飛び始めた頃、

ネットでは、よくこんな言葉を目にしました。

 

「高雄って観光する所が無いよね」

「高雄って一回行けば十分・・つまんない街」

 

そんな言葉を読むたびに、

 (高雄、こんなに良い所なのになぁ!)

と、とても残念に思ったものです。

 

ところが、それから数年が立ち、

高雄は益々変化を続け、

更に魅力的な「目で見て楽しい」都市へ

成長しています。

それとともに、日本のガイドブックなどでも、

高雄の情報が以前より少し多くなったように思いますし、

何より、高雄へ観光に来る日本人が

本当に多くなりました。

西子湾のホームなど、駅を中心に、あちこちで、

日本語の話し声を耳にすることもしょっちゅうです。

 

ところが、85大楼周辺の情報が・・・無い?

f:id:hanuru-hanuru:20180302030355j:plain

 

こなツイートをしたところ、

思わぬいいねを沢山いただきまして。

上のツイートをこちらのブログに取り上げていただきました。

というのも、この付近の情報が少ないから・・なのです。

 

muf-muf.com

 

※ツイートに書いた高雄水陸両用車については、

昨夜85大楼の1Fの中を歩いていたら

以前チケットを売っていたカウンターが

新しく出来たホテルのものに変わっていたので、

乗車場所が変更になっている可能性があります。

 

高雄にはまだまだ沢山の良いところが一杯!

せっかく高雄に来るのなら、

たくさん好きになっていただきたい!

そんな思いをこめまして、

自強三路、新光路、三多三路、文横周辺など、

ガイドブックにはまだ載っていない、

私が実際に行っている素敵スポットを

今後書いていこうと思います。

ぜひ、高雄旅の参考にしてみてくださいね。

 

・・・ということで。

 

「集盒 Kubic」・・このビジュアル、間違いないでしょ?

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404162533j:plain

 

古くからの国際港である高雄港を擁する高雄。

船での輸送に使用されたコンテナをリサイクルして作られたのが、

ここ「集盒 Kubic」です。

雑貨店、バー、カフェ、ハンドメイド教室など、

様々なミニショップが入店しています。

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404163654j:plain

ご存知の通りコンテナは箱型の立方体なので、

そこからそのままキュービックと命名したのかな?と思ったら、

公式によりますと、立方体は古典五元素の中心「土」を表しており、

そこから、さまざまな新しいものを孕み育てる、

成長させる、新しく創造するなどというような意味の

イメージが込められているそうです。

 

・・・過去を栄養として新しく出発したい方や、

何かを始めたい、一念発起したい、リスタートなど、

そんなことを願っている方はここで前向きな空気を吸って

エネルギーチャージするのも良いかも?

 

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404165359j:plain f:id:hanuru-hanuru:20180404165249j:plain

f:id:hanuru-hanuru:20180404165319j:plainf:id:hanuru-hanuru:20180404165218j:plain

 

「あの・・・・でも、その・・・・。

インスタ映え・・映え・・・(無言)」

 

今、これを見ながら、

そんな言葉が胸に湧いてたりして?

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404165940j:plain

 

「わあ、のどか〜(遠い目)」

 

ちょっとーハヌルさーん!という

ツッコミが聴こえてきそうです。

 

※これは Kubicの裏側で、

夕方は大量のワンコが遊びに来てますので

犬が苦手な方はちょっとご注意。

 

夜の姿を見ずして「集盒 Kubic」を語るなかれ!

 

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404170617j:plainf:id:hanuru-hanuru:20180404170830j:plain

 

 

昼間はイベント以外の時は、

かなりのんびりした雰囲気なのですが、

夜は7色に輝く姿に大変身!

 

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404171133j:plainf:id:hanuru-hanuru:20180404171050j:plain

f:id:hanuru-hanuru:20180404171347j:plainf:id:hanuru-hanuru:20180404171825j:plain

 

私が以前Instagramに出した画像も、

実はここ「集盒 Kubic」で写した写メです。

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404172530j:plain

 

これは2Fに上がる階段の入り口で、

7色の光がとてもとても素敵でしたよ^^

 

 

溢れる色のたちも考えられたもののよう。

f:id:hanuru-hanuru:20180404172901p:plain

公式ページに、こんなものが載ってました。

やはりかなり色にこだわった建物群なんですね。

 

 

「集盒 Kubic」へのアクセス・営業時間など

「集盒 Kubic」の敷地は24時間開放されています。

ライトは深夜0時過ぎまで点灯しているのを

現地にて確認しましたが、

日によって変動がある可能性がありますので

ご確認ください。

 

f:id:hanuru-hanuru:20180404165336j:plain

【住所】高雄市前鎮區復興三路5號

※目印はIKEAです。

【交通】・高雄捷運 紅線R7獅甲站下車

    4號出口を出て復興三路を左へ徒歩5分。

    ・高雄輕軌 C7軟體園區站下車 

    復興三路をまっすぐ直進徒歩3分。

 

【各テナント営業時間】※太字は飲食店です

・打狗啤酒 12:00 - 00:00

・尋找初味 11:00 - 19:00

 ・一點空間 / 酒意沙龍 15:00 - 01:00

                     週二公休

・九記食糖水 11:00 - 21:30(平日)10:00 - 22:00(假日)

      週四公休

​・ㅋㅋ컵 11:00 - 20:00(平日)12:00 - 21:00(假日)

      週二公休

・玩藝工場 11:00 - 19:00(平日)10:00 - 20:00(假日)

      週二公休

・Xwood+創意組合式構造

11:00 - 19:00(平日)12:00 - 20:00(假日)

      週一、二公休

・DIZO自行車 13:00 - 21:00(平日)10:00 - 21:00(假日)

      週二公休

・對味實驗室-採踏 10:00 - 20:00

      週二公休

 ・偶懂設計 11:00 - 19:00

      週一、二公休

 

・麗坊手藝 11:00 - 19:00 週二、三公休

・宜居「聲」活設計提案所

 13:00 - 22:00(週一至週四)13:00 - 21:00(週五)

 12:00 - 21:00(六日) 週二、三公休

・東方包浩斯-新稅設計實驗室​​

 13:00 - 22:00(週一至週四)13:00 - 21:00(週五)

 12:00 - 21:00(六日) 週二、三公休

【公式HP】www.kubic.com.tw/

 

夜の高雄はどこもかしこもインスタ映えで困る件!

いかがでしたでしょうか。

 

「集盒 Kubic」以外にもまだまだ沢山あるのが高雄。

セッションに来てくださる皆様だけでなく、

観光でいらっしゃる方にも、

ぜひ、高雄を好きになっていただけたら!

 

ところで。4/9発売の学研ムーに登場します。

f:id:hanuru-hanuru:20180404181450p:plain

なんと、巻頭の総力特集に登場の予定です。

(あ、ちょっぴりですよ、ちょっぴり!)

 

私は発売日には日本にいないので、

本誌を見るのは後ほどになりそうですが、

皆様よろしければ本屋さんへレッツゴーお願いします。(ペコリ)

 

 

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

 
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトにあなたの一票が入ります。

1日一回応援クリックしていただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いします。