読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル

台湾高雄市&岐阜県から海外と日本の皆様を遠隔&対面でスピリチュアルナビゲート。 何かに偏る事なく現実と向き合う全脳スピリチュアル派。浄化、占星術、透視能力開発など各講座好評全国開催中!   HPはこちら→ http://hanuru.jimdo.com/

風邪と借庫と水漏れと開運。

風邪を引いております。 昨年からずーっと走ってきた気持ちが緩んだのか、 滋賀から帰った途端、風邪引きさんになりました。 朝起きると少し良くなった気がするのですが、 頭の中に綿が詰まっているようで働きません。 何より喉がガラガラで聞き苦しい事この…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第12章

※台南市の安平劍獅埕の門にいる剣獅・鎮守。 古くからある剣獅とは違いユーモラスな姿で ちょっとゆるキャラと間違えられそうな気も。 この広場では町おこし的に剣獅のグッズが多く売られている。 すぐ近くに有名な周氏蝦捲の支店もある。 周氏蝦捲は台湾で…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第11章

※台南市安平老街劍獅埕の四面金剛劍獅。 本来の劍獅は清朝から使われている辟邪の図案で、 必ず口に七星剣を咥えている。この像は近年作られた立像。 七星剣は両面に北斗七星が刻まれており、 妖かしや魔に対して最強の法具とも言われ、 童乩の道具の一つで…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第十章

※左營慈済宮。主祭神は保生大帝。 保生大帝は581年(随)頃に生まれた 孫思襞という人物で医学の偉人の1人。 その著作「千金翼方」は遣唐使によって 我が国へもたらされている。 お正月に飲む、お屠蘇はこの孫思襞に由来します。 中華文化圏では保生大帝と…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第九章

※高雄市三民区の灣子內朝天宮。 海の女神天上聖母(媽祖)を主祭神とする廟で、 1700年代中期(清朝)に創建され、 歴史的にも価値が高い。 やはりこの緻密さは、新しい廟とは一味ちがう。 偶然通りかかったので拝拝させていただいた。 台湾のシャーマン(童…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第八章

※高雄市の蓮池潭(龍虎塔)。 今生で犯した罪を全て帳消しにしてくれる場所と言われ、 日本のTV番組でもよく取り上げられる人気スポット。 罪を消してもらうには、 龍の口から入り虎の口から出ること。虎から入るのは逆効果。 西暦のお正月も終わり、 農暦の…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第七章

※事務所を出たらこんなことやってました。 すぐ近くの意誠堂からおいでになったのかな?? 意誠堂は私の事務所から徒歩1分程度の所にあり、 金運に関わる廟で知られています。 今年も残り後2日な件。 あっという間に2016年が過ぎて行きますね。 昨日の…

大掃除で新しい運命を作るたったひとつのコツ。

※博多駅の屋上の「鉄道神社」。 私お気に入りの住吉神社の御分霊がお祀りされており、 旅や鉄道の安全を祈願する旅人の神社なのです。 ゴルフに負けたフィールドワーク風なあれこれ。 12月ずっと走ってきたせいか、 今日は死んだように眠っておりました。 …

【レポ】京都個人霊視セッション会終了しました。

※赤いテーブルに金のソファー!ちょっとテンション上がりました(笑) 北海道など北日本方面ではかなり雪が酷く、 東海地区では真冬の台風で、 かなりの強い雨風が吹き荒れていたのですが、 有り難い事に、当日は天候に恵まれまして、 電車の遅れもなく京都…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第六章

※高雄佛光山内浄土洞窟の出口に置かれた転法輪。 回すごとに仏の名を唱える。 浄土洞窟には、数限りない仏像が置かれており、 その中を過ぎた後はまるで人間界へ生まれて出るような 不思議な気持ちになった。 ■台湾シャーマンシリーズ:目次■ (1)温故知新…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第五章

※高雄意誠堂關帝廟前 今年も無事冬至を迎える事ができましたね。 昨夜は儀式等々、お忙しかった方も 多かったのではないかなと思います。 寝不足の皆様、お疲れ様でございました。 私も昨夜は、年に一度の儀式を行いました。 儀式の際に除災符と招財符を作成…

【告知 / 関西】京都駅付近:12月26日個人セッション会開催します。

12月26日、クリスマスの余韻が残る京都にて。 今年もいよいよ残り15日となりました。 光陰矢のごとしと云いますが、 いや、もう、本当に早いですね! そんな年の瀬も大詰めな京都にて、 2016年最後を飾るオープン募集の 個人セッション会を行います。 …

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第四章

※高雄蓮池潭の四面仏。 仏とあるが元々はブラフマーで4つの顔それぞれに別のご利益がある。 台湾のタンキーと私シリーズ目次 初めての方は第一章から順番にお読みください。 hanuru.hatenablog.com hanuru.hatenablog.com hanuru.hatenablog.com では第四章…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第三章

※高雄旗津の天后宮は古くから崇敬を集める廟のひとつ まだまだ旅の興奮が抜けない私。 博多駅前のクリスマスマーケットの雰囲気が、 あまりにも素敵だったので、 写真を見ては思い出してしまいます。 お店の数そのものは、そんなに多いものではないのですが…

【開催レポ】福岡:透視能力開発講座&個人セッション会終了致しました(ご感想有り)

※JR博多駅の博多口阪急側のクリスマスツリー 九州・・いったい暑いのか寒いのかが問題なのだ。 透視講座と個人セッション会で福岡へ行ってまいりました。 今回は特に、透視講座が九州初上陸ということで、 ドキドキ・ワクワクしながら、出発日を迎えました。…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第二章

※旗津-新光碼頭を結ぶ船上から西子灣方面を望む 昨日第一章をアップさせていただきました。 リライトと言うより、改変と言った方が良いくらい、 以前ブログに書いたものとは変わってしまった気がします。 つまり、確かに自分の体験なのだけれども、 もう少し…

【シャーマニズム】台湾のシャーマン(童乩・タンキー)と私:第一章

小籠包と足つぼと占いのワンダーランド、台湾 ※旧高雄神社跡(現忠烈祠) 「台湾」という言葉から、 皆さんはどんなイメージが湧くだろうか。 小籠包?マンゴーかき氷? 痛そうな足つぼマッサージ? いやいや、四柱推命や紫微斗数などの東洋占いの本場? ど…

温故知新というけれど、過去をさっぱり捨てようとしたら、逆に見つめ直すことになった件。

台湾でのお話を簡単に捨ててはいけないと感じたんです ※台湾の旧高雄神社跡・寿山にて夏至の日の出を拝む私 改めて、「はてなブログ」を始めてみれば、 予想以上に書きやすい雰囲気のブログでした。 今回は「ログインできない問題」なので、 アメブロで書き…