霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル

台湾高雄市&岐阜県から海外と日本の皆様を遠隔&対面でスピリチュアルナビゲート。 何かに偏る事なく現実と向き合う全脳スピリチュアル派。浄化、占星術、透視能力開発など各講座好評全国開催中!   HPはこちら→ http://hanuru.jimdo.com/

春節中の台湾で風邪を引いたらどうするのか問題

f:id:hanuru-hanuru:20180301161426j:plain

 

今更ですが・・・・

2月10日の名古屋浄化講座は

無事終了させていただきました。

 

 

 ご参加くださった皆様、

お目にかかれてとても嬉しかったです。

心から感謝しております!

 

そしてヘイズ中村先生、Reiさん、

会場のイルエル様、大変お世話になりました

ありがとうございました!

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301162840j:plain

※栗大好き人間なので

お土産でいただいた栗はスーツケースに詰めて

台湾でいただきました〜♪

 

しかし、名古屋で風邪を拾ったらしく

 

いつもは名駅の表の方

(ミッドランドとか高島屋が有る側)に宿泊するのですが、

占い関係の先生方がよく利用なさるという噂を聞いて

初めて新幹線口側の某ホテルを利用しました。

しかし、どうも私は合わなかったようで。

 

翌朝、目覚ましより早く目が覚めたものの、

目を開けるのが大儀なほど

とにかく体がだるく・・・しんどく・・。

前夜チェックインする際も

珍しく雨に降られていたので

どうやら風邪を引いてしまったようでした。

(私は晴れ女らしく

あまり雨に降られないのです)

 

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301164653j:plainf:id:hanuru-hanuru:20180301164823j:plain

通常5割増しで重い体を引きずり空港へ。

外は晴れて日差しはポカポカ。かなりいい天気。

(台湾は暖かいから直ぐ治るだろう)

なんてたかをくくっておりました。

 

しかし台湾も寒かった!

f:id:hanuru-hanuru:20180301165853p:plain

日本も大寒波が来ていた1月。

2月になっても大雪で

あちこち大変な状態でしたよね。

その寒気は台湾にもやってきていまして。

 

寒波襲来の台湾、各地で強い冷え込み 玉山、合歓山などでは降雪 | 観光 | 中央社フォーカス台湾

台湾・台北市に寒波が襲来 その影響により6日間で47人が死亡か - ライブドアニュース

 

このニュースよりも後の日付でしたが、

やっぱり・・・寒かったんです。

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301170738j:plain

※高雄人は例え30度近くても「冬」はいつもこんなですが!

この時は本当に寒かったんです。

 

桃園に到着しても

まったく暑くない!

むしろ寒い!いや、すごく寒い!

 

あまりの寒さに温まりたくなって、

ついラーメンを食べに入ったほど寒い!!

 

 

 

そして高雄についても、

やっぱり寒かったんです・・・。

 

咳製造マシーンと化す。

f:id:hanuru-hanuru:20180301200543j:plain

ついに、寝ていても咳込んで目が覚める・・

自分の咳の勢いでベッドの上でバウンドしまくる・・

肋骨骨折するんじゃ・・肺が敗れるんじゃ・・

という勢いに突入しました。

 

咳き込み過ぎてついに吐いてしまったくらい

「圧縮された一生分の咳をただ今全解凍中」みたいな。

 

更に朝〜夕方は平気なのに、

夜になると寒くて寒くて堪らず。

いつもなら鎮痛剤や風邪薬など

最低限必要そうな薬は持っているのに、

この時はうっかりまるごと日本に置き去りに・・・。

 

(あ、これアカン感じ。)

 

さすがにヤバイな、と思いました。

 

ということで、とりま薬局へGO!

f:id:hanuru-hanuru:20180301201852j:plain

 

フラフラなのでとにかく一番近い薬局へ

飛び込みました。

 

白衣を着た店員さんに

 

・頭と喉が痛い 

 ・少し気持ち悪い。微熱かも。

・咳がすごい

 

と主訴を訴えると、

出してくれたのがズバリ

感冒速達」

しんどかったので価格ははっきり覚えていませんが

たしか400NTDほどでした。

日本円で1500~600円ほどなので

結構高額・・・ですが。

なにせ具合の悪い最中なので

四の五の言わずに購入です。

 

一昨年にも同じような症状になり、

当時仲の良かった高雄友から勧められた

別の薬局に行った際には

西洋薬だけではなく、

食事や生活など様々な

中医的なアドバイス もくれたのですが、

この薬局はそういうものはありませんでした。

 

「一日3回、食後に服用よ〜(英語)」

 

これで治るといいなぁ・・と思ったのですが。

 

服薬開始して2日ほどで楽になった!と思ったものの、

咳がますます酷くなってしまいました。

もはや椅子に座っていても

咳のせいでトランポリンのように

飛び跳ね飛び跳ね・・・。

しかも再び発熱してきました。

 

(つ、辛い・・・・・・

ああ、のどぬーるスプレーがあれば!)

 

ということで、

再び薬局へ行ったものの。

 除夕〜新年3日までおやすみ!」

の張り紙が・・・。

 

そう。 台湾は春節

日本のお正月と同じで、

大晦日に当たる除夕の日から

街の商店はおやすみしてるのです。

(でも営業しているお店もあり!

この辺は別記事でレポします!)

 

台湾のスートルスとは

f:id:hanuru-hanuru:20180301204328j:plain

ああ、除夕・・・。

全部休みなのかな・・・と、

とぼとぼといつもの夜市に向かって歩いていますと

緑に輝く看板が!しかも除夕の22時!

中には椅子に座ったおばさまが!

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301220115p:plain

歹勢!我要賣去痛藥〜〜〜〜!

 

「え? 喉が痛いの?」

「はい。喉にシュッシュする薬ありますか?」

「あいよ!」

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301205230j:plain

 

・・・スートルス?

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301205340j:plain

注意書き日本語ー!

太田薬品?!?!

 

・・・色々謎はありますが、

大晦日に目的の物が購入できる奇跡を

逃してはならじと購入。

 

 

ついでに、正月休み明けの日数分には

感冒速達が足りなかったので、

咳止め的な薬くださいと言うと。

 

台湾の風邪薬といえば普拿疼。

f:id:hanuru-hanuru:20180301210328j:plain

以前台湾の風邪薬を検索した際

よく普拿疼(加強)の名前を見たのですが、

いざという時にすっかり忘れておりました。

(これは咳止め)

私の場合、既に風邪薬は買ってあるので、

どうにか喉の炎症が収まらないかな・・・の期待をこめて、

これまたお馴染み京都念慈菴のジェルタイプも合わせて

3つ購入いたしました。

 

枕元に置いて

咳が出る度にシュッシュシュッシュ。

合間に念慈菴を食べ、きちんと普拿疼も服薬。

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301211246j:plain

こんなのも飲んでみたり。

 

すると、朝起きると

(治った?)と思うほど

体が楽になったにも関わらず

夕方を過ぎると、

昼間の分を10倍にしたような

咳と頭痛と発熱がやってくるように・・。

 

結局、病院の薬が最強。

f:id:hanuru-hanuru:20180301220436p:plain

三が日の間ほとんど物も食べられずに寝ていました。

高雄友からの遊びの誘いを断ると、

 

「あなたは病院へ行くべき!」

 

正月明けで診察開始した病院を探して

車で連れて行ってくれることに。

 

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301211835p:plain

耳鼻咽喉科と美容整形科が併設という病院でしたが、

歴史ある病院なんだそうです。やっててよかった!

 

受付では日本の初診と同じように

受付票を記入します。

 

ちょっとうろ覚えですが、

(熱でぼーっとしてました)

 

・氏名 ・生年月日(西暦で)

・住所(ホテルの住所でも可)

・電話番号(日本の携番でも可)

・パスポート番号

 

以上を記入したように思います。

 

受付票を提出すると

代わりに番号札をもらいます。

5,6分ほど待つと番号を呼ばれ、

診察室へ通されました。

 

まず、耳穴で熱の状態を図ります。

(やはり熱がありました汗)

 

次に「鼻づまりはあるか?」と質問され

「詰まってはいないが、鼻水が少しでる」

と答えると、

鼻の穴に器具を差し込み、

両方の穴に何か薬を噴霧されました。

 

そして口を開けるように促され、

喉の奥をライトを当てて覗かれるとともに、

長い綿棒で少し擦って検査しました。

 

「はい、終わり。

薬もらって帰ってね」

 

「え? 私、風邪ですか? インフル?」

 

「風邪。インフルじゃないよ」

 

朝になると熱がない状態などから

インフルではなさそうと思っていましたが、

まずは、ほっと一安心です。

 

f:id:hanuru-hanuru:20180301211104j:plain

院内薬局で3日分のお薬を貰いました。

 

一昨年、バイクに乗っている時に

飛んできたものが目に入って

やはり台湾の病院で診察を受けましたが

その時も大体同じ流れでしたので、

台湾での診察はこういう感じなのでしょう。

(目だったので検査のために

麻酔入りの目薬を入れたり

検査の方法などは違います)

 

そして、このお薬が、

とってもとってもよく効きました!

飲んだ翌日にはスパーンと熱が下がり、

2日目には咳も半分ほどに。

 

もう治癒する段階に入っていたのかもしれませんが、

それにしても劇的に良くなりましたので、

本当に助かりました。

 

台湾の病院代は安かった。

f:id:hanuru-hanuru:20180301201526p:plain



今回の診療費は薬代込で480NTD。

 およそ1800円前後です。

・・・あれ? 

風邪速達に少し足しただけ・・?

 

高雄友曰く。

 

「台湾の病院はね、高くないの!

無理して我慢するより病院行きなさい!」

 

だそうで。 

そういえば、目の怪我の時も、

日本円で2000円くらいだった記憶があります。

 

 

 もちろん、外国ですし、

この病院も日本語は通じません。

ですから誰にでもすぐ病院へ!とは

オススメはしません。

 

しかし自分自身としては、

次回から早めに病院で診察を受けるという手も

頭の片隅にいれておこう・・・と

改めて思った次第です。

 

結局、春節中の台湾で風邪を引いたらどうする?

f:id:hanuru-hanuru:20180302030355j:plain

台湾でというと、ちょっと主語が大きいので、

高雄で春節の頃に旅行にきて

風邪をひいてしまったら?に置き換えると。

 

もしあなたが除夕に宿泊していて

薬がどうしても買いたいという場合は、

85 SKY TOWER HOTEL (君鴻國際酒店)付近であれば、

自強夜市方面へ歩いてみてください。

私がスートルスを買った薬局は自強三路沿い、

小北を自強夜市方向へ通り越し、

宝くじ屋の横になります。

 

自夕の日は休業しているお店が多く、

営業していても18時までには閉店してしまいます。

私が行ったこの薬局は先日の除夕の22時でも

営業をしていました。

ただ、毎年そうであるかはちょっとわかりません。

 

また、病院も除夕から休みになっている所が多く、

春節期間は初五(5日目)でも休んでいるという所も。

私が行った病院は4日目からあいていました。

こちらは高雄MRTの市議会駅から

自強一路を七賢二路方面へ少し歩いた所になります。

 

しかし、道に不案内の場合は、

迷子になることもありますので、

まずは宿泊先のホテルで

相談をなさると良いかもしれません。

場合によっては

お持ちのクレジットカードのサービスや、

保険会社など にご相談されるのも。

 

 

それにしても、本当によく効くお薬でした!

 

皆さんも、どうぞ風邪にご注意くださいね。

 

 

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトにあなたの一票が入ります。

1日一回応援クリックしていただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いします。