霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル

台湾高雄市/岐阜県/福岡県から海外と日本の皆様を遠隔&対面でスピリチュアルナビゲート。 何かに偏る事なく現実と向き合う全脳スピリチュアル派。廟に通う道教女子でもあります。浄化、占星術、透視能力開発など各講座好評全国開催中!  HPはこちら→ http://hanuru.jimdo.com/

大きな時代の転換期、甘くない12年がもはや始まっている。

f:id:hanuru-hanuru:20200107112652p:plain 

七草粥、召し上がられましたか?

今日は1月7日。七草の日です。子供の頃からこの日が来ると、お正月から日常へと切り替わっていく一区切りと感じたものでした。とはいえ、現在の私は、台湾ではまだ春節が来ないのに日本はお正月が終わってしまってるし・・・と、毎年なんとなく、宙ぶらりんの奇妙な気持ちになります。逆に、台湾のお店では今の時期でもサンタやクリスマスツリーもそのままなので、やっぱりまだ年末なのかな?と思ったり。

これも、日本の暦文化で育ったからでしょうね。

もし、私が3月が年の始まりの文化で育ったら、また今の空気への感じ方も違ったのでしょう。年末にもちょろっと書きましたが、西暦の正月の他にも、別の暦による正月の始まりは沢山あります。一例をあげると、中央アジアでは3月の春分に正月を迎え祝う所は多く、5カ国で国の祝日となっています。もし、長年それで育ったなら・・と考えると、興味は尽きません。

 

ところで。昨日こちらを読みまして。

note.com

なるほど、と。これまで、意図的に「言い切らない」文章を書いてきたつもりですが、それは読みづらさに繋がっていたのかと、目から鱗がボロボロこぼれた次第。

 

”思います”の多用については、前回書きながら我ながら多いな〜〜!と感じていた所なので、ズバーンと刺さりました。卒業と始まりの年である今年は、私も意識してブログを書いていきたいです。

 

そう、卒業と始まり、覚悟です。

 

今年は子年。新しい周期の始まりです。

いきなり、”卒業と始まり、覚悟です。”と言われても、なんのこと!?ですよね。まず、一番わかりやすい区切りとして書くならば、今年は十二支のはじまり子年ですね。

けれど、「子年だから」始まりということではなく、新しい周期だからこそ、今、子年なのだなと感じます。(鶏が先か卵が先かに似てる気もしますが)けれど、わかりやすいので、「そうか子年か、新しい周期の始まりなんだな」と思ってください。

 とはいえ、突然スイッチが切り替わって、まるで別のことが始まるわけではありません。これまでの積み重ねが一段落し、次の段階へ入ったのです。

 

積み重ねとは、言葉どおりの意味合いで、良くも悪くも、これまでしてきたこと、してこなかったことの積み重なりです。そしてその重なりが生み出した圧力が、次に新しい変化を生み出しているのです。物事は多かれ少なかれそのように進んでいきますが、大きい時代の変化の流れの中に突入したことがはっきり社会の中で現れてきているのが今です。

違う言い方で表現するとしたら、先程書いたように、「卒業」と「始まり」だろうと思います。長い小学校が終わったような、不可逆的な変化の訪れです。卒業式が済んだならもう小学校には帰れないのです。過去の扉は閉じ、次の扉は開き、元には戻りません。これまでとは明らかに違った世界が始まっていきます。2018年、2019年と思い出してみてください。2019年に扉が締まっていく音を無意識に感じていた方は少なくなかったと思います。

 

そのことについて、年末にこんな記事を書きました。 

hanuru.hatenablog.com

 

この記事の中から一部引用します。

ただ甘やかされ自分以外の誰かに面倒をみてもらうことを搾取だと気づかないでいる人を量産するようなスピを好む人と、逆に、これまで、自分の過剰を削り足りないを補うための努力をなさった方では、この先どんどん道が分かたれていくように思います。

 

これまでは、受け入れだ、引き寄せだ、と、「愛されるわたし」になることが長く流行しました。

 

f:id:hanuru-hanuru:20200107185530p:plain

しかし「愛されるわたし」は「甘やかされるわたし」と、いつの間にかイコールになっていってしまいました。そしてこの「甘やかされるわたし」が、一種の搾取で成り立っているということについては、あまり目が向けらて来ませんでした。

 

「それっぽさ」との分岐点

f:id:hanuru-hanuru:20200107185357p:plain

ところが、様々なジャンルにおいて、発信する側が搾取者そのものであったことが露呈し、大きく問題視されるようになってきています。twitterでは日々スピ関係について、厳しい意見が取り沙汰されています。つまり、占い関係、アロマ関係、コーチング関係、コンサル関係等々と、スピリチュアルだけでなく、その周辺部を含めて今までより一層の厳しい目が向けられている現実があることは、知っておく必要があります。

 

このような流れの中で、ただ表面的に「それっぽさ」をまとった見せかけを行う者は、現実的な意見に対してはまともな答えを持ちません。どんどんとより幻影を追い求め、さらに表面的な「スピリチュアルらしき」行動を人々に見せていくでしょう。

一方、これまで、努力し、己の基礎を固める行動をしてきた者は、いったん後退しているように見えたとしても、これから始まる新しい流れに対しての足がかりをきちんと築いておいでになるでしょう。

(ここのことについては長くなるので簡単にまとめました。改めてもう少し詳細に書きたいです) 

もうまもなく”春休み”は終わります。

今までの社会の継続を前提にした考え方は、もう終わりにしましょう。10年、20年先の自分がどのように生きるのかを、きちんと考えましょう。

 

これまでは「どうやって生きるか」が頭を悩ませてきたかもしれません。しかし、この「生きる」の意味合いが今後大きく変わります。「生き方」ではありません。どのように生存するか、なのです。

 

目の前に問題が起こらないうちにこそ、自分を助けてくれるものごと、特にお金と健康に関する公的な物事について知っておきましょう。今後、私達を囲むルールはどんどん変わっていく可能性が高いですが、まずいまのうちに理解をしておくのが得策です。

あなたの面倒を見てくれる「あての人」を探すのではなく、自分で生きる「覚悟」を持ちましょう。その時あなたを助けてくれる筈だった人は、「あなたが助けなくてはならない人」になっているかもしれません。

覚悟を持って人生に向き合った時、新しい時代の新しい形の福が訪れる・・そんな予感がします。 

 

甘くない12年は、もはや始まっているのです。

いまは違和感を感じたり、見慣れぬもの、自分にはわからないものと見ないふりをしても、やがて一気に社会を染め上げていく物事が、すでに私達の周りに沢山あるでしょう。

現実を直視することを怖がらないで!理解する努力を手放さないで!開運の第一歩はそこから始まると思います。

開運、いえ、改運です。「それっぽさ」の迷路から出るのはまだ遅くありません。

さあ目を開いて、まっすぐ前を向いていきましょう。

 

今年の展望、いかがでしたでしょうか。

卒業と始まり、そして、覚悟。私も性根を据えねばと思います。例えば、今までは言わなかった事を思い切って率直に言葉にしていく努力をしたいです。

昨年から少しづつその努力はしていまして、故に、生意気に感じている方もいるかもしれませんし、不愉快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。ハヌルさん、変わったな・・と思われる方もいるかも。

そう思うと、体は大きく肝っ玉は小さいガクブルさんの私には、とても勇気が必要です。そうは見えない!と言われそうですが!顔の見た目が怖いだけです!子ねずみハートは高速ドラミングなう状態です。

 

それでも私も「覚悟」の言葉を胸に刻みたい。

明日、死んでも悔いの無いように。精一杯の何かを伝えていきたい。

そう思います。(なので、今年はブログを頑張るぞー)

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトに一票が入ります。

1日一回応援クリックしていただけると大変励みになります。

○*お気軽にフォローください○*
ゆめみる宝石火水ハヌルのTwitterアカウントhttps://twitter.com/hanuru_
ゆめみる宝石Facebookページhttps://www.facebook.com/himitsuhanuru/