霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル

台湾高雄市/岐阜県/福岡県から海外と日本の皆様を遠隔&対面でスピリチュアルナビゲート。 何かに偏る事なく現実と向き合う全脳スピリチュアル派。廟に通う道教系。音声番組好評配信中! HPはこちら→ http://hanuru.jimdo.com/

今年は10/25(農暦9月9日重陽節の)邪気払いと開運行動。

f:id:hanuru-hanuru:20201025122242p:plain

今日は農暦9月9日重陽節ですね。簡単に言えば髪に茱萸の実を挿して高い所へ上り、菊酒や菊花茶を楽しむことで、邪をはらう事ができる日です。もたもたしているうちに当日になってしまったので、ブログは来年・・と思ったのですが、簡単にTwitterに投稿したものをFacebookに再録しましたので、それをこちらに再録しておきます。

 

重陽節の開運行動

重陽節に行う行事は中華文化圏で多少違いがありますが、主なものは最初に書いた通りです。これらの謂れは伝説によると疫病の流行と関係しているそうです。
重陽節の疫病の伝説
その昔疫病が大流行し、人々が大勢次々に亡くなっていました。ある所に住む桓景という人が山へ仙人を訪ね三日三晩門前に座っていると、その心根に感心した仙人より青龍刀を授けられ、朝から晩まで必死に修行を行ったそうです。
 
やがて仙人は、桓景に茱萸と菊酒を与えると、「疫鬼が水の中からやってくる。人々に茱萸を身に着けさせ菊酒を飲ませ、高い所へ登らせなさい。それらが人々を守るだろう。お前はその間に青龍刀でえき疫鬼を倒すのじゃ」といいました。
 
桓景は言われた通り、人々に茱萸を身に着けさせ菊酒を飲ませ高い山へ登らせました。
やがて疫鬼が現れ、人々を害しようとしましたが、茱萸と菊酒の護力に阻まれて人々に手出しができません。そしてついには桓景の青龍刀で倒されたのです。
 
人々はこの故事にちなんで、重陽節になると、茱萸を身に飾って高い所へ上り、菊酒を飲み、文人は歌を作り、また菓子を楽しみ、邪気を払いを行うようになったと伝えられています。
 

魔除けの茱萸と菊酒

菊酒は菊の香りをうつした酒で、この他、韓国では菊を表面に乗せて作る菊花煎なども。乾かした花びらで菊枕を作り長寿を願ったり、日本ではかつて重陽の朝に綿で菊の花を包んでおき降りた露で顔を拭うと美しくなるなど、菊の力を使うものが各地で行われました。

また実際に菊花は薬効が知られています。

神農本草経にも「菊花」として上品の部に収載されており、頭痛や目の病気を治し、延命効果があると書かれ不老長寿のシンボルとされています。成分としてはカンファー、ボルネオールを含む精油の他、アデニン、コリン、ベタイン、クレサンテミン、アピゲニンなどが入っています。水製エキスには体温降下作用や黄色ブドウ球菌結核桿菌などの抑制作用(in vitro)を示します。

菊花には解熱、解毒、鎮痛、消炎、血圧降下、抗菌などの作用があり、咳、眩暈、冷え症、不眠症、風邪(発熱、頭痛、悪寒)、高血圧や目の充血などに用いられます。漢方処方の釣藤散(ちょうとうさん)や杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)などに配合されています。

キク | 二階堂先生の「食べ物は薬」 | 漢方を知る | 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com より

 
 
一方、茱萸は日本語だとグミですが、私達がよく目にするグミの実ではないそうです。
ではどんな実かというと、牧野太郎先生のカワラハジカミ(呉茱萸)説が一般的に流布しており、だいたいの説明でカワラハジカミとかかれているようです。
今回のブログのトップ画像がそのカワラハジカミです。

f:id:hanuru-hanuru:20201025122242p:plain

 
しかし個人的には詩詞世界 碇豊長の漢詩ミニ解説を拝読し、烏山椒説になるほどと思わされる所もあり。

どうやら、定説は呉茱萸なのかもしれません。しかし結局のところ、現在はまだ、茱萸ははっきりとどの実なのかわかっていない、という所でしょうか。同じ植物が日本にあるとは限りませんし。

いづれにせよ、呉茱萸も烏山椒も香りがあるもので、今風にいえばハーブによる殺菌力や嗅覚反応による免疫活性などの薬効を期待したものだったのでしょう。そう思うと、疫病伝説で、茱萸を身に着けた人が疫鬼が害を及ぼせなくなった意味もわかります。
 
 昔の日本では、端午節に飾った薬玉を重陽節に茱萸を入れた袋に掛けかえたのだそうです。次の端午節までの魔除けだったのでしょうね。このように、春に行う行事の対になることを秋に行うことがあります。それを1年が半年周期の名残であるとする論を昔読んだ気がしますが、記憶が定かではありません。
 

邪気は低地に溜まり、高所に天より清浄な気が集まる

懇意にしている台湾の道士様のお話によれば、農暦9月9日(重陽節)は、邪気は低地に溜まり、天より清浄な気が高所に集まるのだとか。
 中国語では高い所へ登る「高」と「糕」の音が似ていることから、開運のお菓子として重陽糕というケーキが食べられています。
 
高い所に登り、お菓子を食べたり菊酒や菊花茶を楽しむことは今でもできること。開運に興味のある方は、ぜひまだ間に合いますので、高い所へおいでください。高所はビルでもタワーでも丘でも山でも可ですよ。
 
今年は時間がなく、さらっとした内容ですみません。また来年、加筆したいと思います(汗
 
 

アメブロで「開運あやかり飯」はじめました。

福岡スタートで、開運あやかり飯という記事をちょこちょこ書いてみようと思ってます。こっちのブログよりもかなり軽いノリでギャップを楽しみながら書いてみようと思います。(でも真面目な根拠もありますのよ)

良かったらそちらも読みに来てやってくださいませませ。

ameblo.jp

 

コロナ影響期間特別応援メニュー中。

■新しい視点と気づきの為の霊視セッション

f:id:hanuru-hanuru:20200703114159p:plain

Spiritual Healing Salon ハヌル  

ありがとうございます。ただいまおおよそ3週間前後の待ちとなっております。

まる公式HP

まる各セッションコース内容・料金

まるセッションに関するお問い合わせ・お申し込み

まるお客様の感想

まる取材/記事掲載/コラム執筆等についてはこちら

 

○*皆さまのフォローお待ちしております○*

ゆめみる宝石無料音声配信番組⇒ ハヌルの霊能者ラジオ

ゆめみる宝石Twitter⇒ https://twitter.com/hanuru_ 

 ゆめみる宝石Facebookページ⇒ https://www.facebook.com/himitsuhanuru/

ゆめみる宝石アメブロ再開しました⇒ 霊能者ハヌルのheart mind and soul

 

 


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトに一票が入ります。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

※ブログ内すべての画像及び記事の無断転載使用はお断りします※

明日は中秋節!縁起のよい食べ物ベスト7

f:id:hanuru-hanuru:20200930165725p:plain

 

春は太陽 秋は月。

日本で中秋の名月は別名十五夜お月さまと言いますね。この日は毎年農暦の8月15日です。そして月の神である、太陰星君の聖誕日なのです。(太陰星君は嫦娥の別名と言われますが、男性神と伝わっている所もあります。)さらに、土地の神である土地公の聖誕日でもあるのです。

 

f:id:hanuru-hanuru:20200930170911p:plain

15日は多いですね!というか、これ一部だけ出したんですが、8月は1年で一番多い月なんです。わかりやすく黄色でマーキングしておきました。福徳正神とあるのが、土地公さまのことです。道教の廟では神様のお誕生日や仏様の成道日などお祝いしますので、もしお好きな神様がいらっしゃるなら、いつがお誕生日かをチェックして参詣に訪れるとより楽しめますよ。(人が多くて大変かもですが)

 

中秋節で開運したい方に送る、縁起のよい食ベスト7!

f:id:hanuru-hanuru:20200930161214p:plain

日本ではお月見ダンゴなイメージですが、この日は神様の生誕を喜び、感謝し、さらなる恵みと守りをお願いする日。中華圏ではもっと幅広く縁起の良い食べ物が食べられています。 

(1)月餅(人間関係)

皆さんおなじみですね。日本ではコンビニでも販売されていますが、唐の時代から中秋節に神様にお供えする祭品です。時代の変化で今はこの時期になると、お互いに贈り合うものになってますね。

中秋節は別名團圓節と言われ、又の名を月團、團圓餅とも呼ばれる月餅は、「みんな仲良し」や「家族団らん」「再会」「大円団」を象徴する吉祥物です。

人間関係が和気あいあいと「丸く収まる」ことを願う方はぜひ。

 

(2)桂花酒(子孫繁栄・財運)

桂花とは金木犀のこと。今の季節になると、街のあちこちで、ふわっと甘い香りが漂ってきます。日本では金木犀のお酒というと、桂花陳酒が有名ですね。

古くは屈原の九歌に“援驥鬥兮酌桂漿”とあり、桂漿が桂花酒です。また清代の潘榮陛の書いた帝京歲時記勝に「八月中秋,“時品”飲“桂花東酒”」とあります。

酒は百薬の長と言いますが、秋に咲く香り高い金木犀の花で醸した桂花酒は長寿の酒として喜ばれてきました。

金木犀の花は、中国では古くから冨と繁栄という幸運の象徴する吉祥物です。金運UPを願う方でお酒が飲めない方は、ぜひ桂花茶をどうぞ。

 

(3)田螺(健康)

中秋節にタニシを食べると「秋の名月のように目が澄み渡る」と言われています。広東地方では中秋節のお祝いテーブルにタニシ料理がどーんと並ぶのだとか。季節的にも今の時期のタニシが一番美味しいんだそうです。

「見通す目」がほしい!という方は、頑張って探して食べて見るのも良いかもです。

 調べてみたところ、日本では、現在、神奈川県の厚木などでタニシ料理を出しているところがあるようですよ。

 

j.people.com.cn

 タニシ麺は、中国ではかなりメジャーな食べ物らしいんですが、それと月餅が合体すると・・・どんな味になっちゃうんでしょうね・・?

見つけにくい場合は、田螺と同じ螺ということで、栄螺(サザエ)なんかはいかがでしょう。どちらも日本では春がシーズンですが、「栄える」の縁起物ですからね。

 

(4)文旦(加護・人間関係・財運)

台湾で柚子というと、日本の柚子のことではなく、こちらの文旦を指します。

 

文旦はその丸い形が月餅と同じく「大円団」や「家族団らん」「再会」を象徴しています。柚子の柚は「佑(又は有子)」に通じ、神様のご加護がある事を表します。 柚子はまた「碌柚(祿有)」ともいい、すなわち「たくさん稼ぎがある」という、非常に縁起の良い果物になります。

 収入upを願う方は文旦を食べておきたいですね。

 

(5)蓮根(人間関係)

中秋節のお料理に、薄切り蓮根の間にエビのすり身や肉ミンチなどをはさんだ「はさみ揚げ」が出てくる家も多いそうです。

 蓮根はその切り口を見ると、丸い中に丸がたくさん集まっているように見えるので、こちらも團團圓圓、つまり「みんな仲良し」「(離れていても心は)楽しく集う」などを意味します。 

 

(6)芋頭(財運・辟邪消災)

芋頭は里芋でなくタロイモのことで、 農曆8月は収穫の時期。こちらも中秋節に神に加護を求める為の供品としてお供えされる食べ物です。

 

日本でも、お月見のお団子を里芋の形につくる地域があり、丸く作るよりも古い習俗だとか。日本が米文化になる以前は、里芋またはそれに類するものを供えていて、後にそれを模したダンゴを作るようになったと、かつて恩師から教えられたことがありました。

 

【10.2追加】

Twitterでこんなのを見つけました。

 

ところで、タロイモって見たこと無い!という方もいらっしゃいますよね。

 

f:id:hanuru-hanuru:20200930194320p:plain

大甲芋宅配‧大甲芋頭總店より

台灣では大甲芋頭が有名です。上の画像をお借りしたリンク先にもあるように、アイスやケーキ、スムージーなどスイーツの材料に使われることが多いのです。(美味しいんですよーー!!!!)
 

「吃米粉芋才有好頭路、拜柚食柚才有好保佑、食月餅會生好子」

明代末期の中秋節は「金持ちは月餅を食べ、貧乏人は里の芋を食べる」と言われていたとか。 初期の台湾移民の間では「中秋節に”米粉芋”を食べてより良い未来を願う」という風習があったそうです。 

米粉芋”がどんなものか想像できなかったのですが、調べた所こんなものでした。

f:id:hanuru-hanuru:20200930193332p:plain

酸女孩的甜點料理手記 - 【食米粉芋,有好頭路】中秋節是許願獲得好工作的時機... | Facebook

icook.tw

 

タロイモは辟邪消災になるといい、また「芋頭」の発音が「餘頭」に似ていることから、「有り余る冨」という吉祥の食べ物になります。

日本でなら、芋に餘をかけて、里芋でいかがでしょう。親芋から子芋が増えていくさまは縁起がよく、さらに元々この時期神様にお供えしていたであろうものですから。

 

(7)菱角(学問)

菱の実もご覧になった事が無い方が多いかも?

 

 

中はホクホクとしていて、栗に似た感じの食べ物です。

「菱」の発音が「怜」に似ていることから、小さなお子さんがいる親御さんは、「聡明怜悧」になるように、と中秋節に菱角を子供に食べさせるのだそうです。また、台灣の友達からは、「菱」が「霊」に繋がり、大人が食べると直感が鋭くなると言う人もいるよと教えられました。

 

その他諸々

鴨肉、南瓜、スターフルーツ、湯圓などを縁起物として食べる地域も。

中には梨の所もあるんですって。(梨=離に音が通じるので縁起が良くない話は良く聞きますけど、ね?)スターフルーツも、沖縄だとお店で手に入るのでしょうか。または何でも物が集まる東京の果物店ならありそう?

個人的にがあんまり好きではないのですが、スターフルーツは気管支や喉に良いらしいのですよ。冬場に食べると良いので、高雄にいる時は風邪予防のつもりで、スターフルーツジュースの屋台で時々買っては、決死の覚悟で飲んでおりました(そのまま食べるのは平気ですが、ジュースはそれくらい苦手なのです・・。)

 

さてさて、明日は晴れるかな?

weathernews.jp

 

ウェザーニュースによると、西日本はバッチリ見えそうですね。お月さまが出ていても出ていなくても、明日は中秋節

 

そして、自分が幸運に恵まれることだけを願うのではなく、自分を含む廻りの人、そして大きくは世界の人がみな幸運に恵まれますように、と願いたいものです。

縁起を担ぐための食べ物を作ってくださった農家の方、運んでくださった運送関係の方、販売してくださったお店の方々、様々な人の手が携わってくださっていることを忘れたくありませんね。

 

きれいなお月さまが見えますように。

 

アメブロで「開運あやかり飯」はじめました。

福岡スタートで、開運あやかり飯という記事をちょこちょこ書いてみようと思ってます。こっちのブログよりもかなり軽いノリでギャップを楽しみながら書いてみようと思います。(でも真面目な根拠もありますのよ)

良かったらそちらも読みに来てやってくださいませませ。

ameblo.jp

 

コロナ影響期間特別応援メニュー中。

■新しい視点と気づきの為の霊視セッション

f:id:hanuru-hanuru:20200703114159p:plain

Spiritual Healing Salon ハヌル  

ありがとうございます。ただいまおおよそ3週間前後の待ちとなっております。

まる公式HP

まる各セッションコース内容・料金

まるセッションに関するお問い合わせ・お申し込み

まるお客様の感想

まる取材/記事掲載/コラム執筆等についてはこちら

 

○*皆さまのフォローお待ちしております○*

ゆめみる宝石無料音声配信番組⇒ ハヌルの霊能者ラジオ

ゆめみる宝石Twitter⇒ https://twitter.com/hanuru_ 

 ゆめみる宝石Facebookページ⇒ https://www.facebook.com/himitsuhanuru/

ゆめみる宝石アメブロ再開しました⇒ 霊能者ハヌルのheart mind and soul

 

 


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトに一票が入ります。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

※ブログ内すべての画像及び記事の無断転載使用はお断りします※