霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル

台湾高雄市&岐阜県から海外と日本の皆様を遠隔&対面でスピリチュアルナビゲート。 何かに偏る事なく現実と向き合う全脳スピリチュアル派。浄化、占星術、透視能力開発など各講座好評全国開催中!   HPはこちら→ http://hanuru.jimdo.com/

台湾と岐阜と媽祖様と。

f:id:hanuru-hanuru:20180927174903j:plain

廟・・それは台湾の象徴たるもののひとつ

台湾を歩けば誰でも、そこかしこに廟があることに気づくだろう。歩かずとも、例えば桃園空港から台北市内に向かう車窓から、七色に彩られた華やかな屋根を見かけるのは簡単なことだし、宿泊ホテルのすぐそばに廟があるなんてことも珍しくはない。

高雄でもそれは同じことで、小港の国際空港からタクシーで中心部に向かう人なら、目的地にたどり着くまでに、ひとつやふたつ、目にするはずだろう。そして、廟を見た途端、(ああ、台湾に来たんだなぁ)と思う人も少なくないんじゃなかろうか。少なくとも、私はそうである。ビンロウの並木、プルメリアの芳しい香り、鮮やかなイルミネーション、どれも勿論すべて台湾らしいのだけれども、なんといっても廟を目にした時ほど、台湾にいる自分を実感することはない。

 

しかし、日本にだって道教の廟は存在するのである。

 例えば、横浜には有名な関帝廟媽祖廟がある。

 

f:id:hanuru-hanuru:20180927181422j:plain

(横浜関帝廟 横浜中華街 - Wikipedia

 

f:id:hanuru-hanuru:20180927180239j:plain

横浜媽祖廟 横浜中華街 - Wikipedia

 

関帝も媽祖も、古くより篤く信仰を集めている神様で、特に媽祖様は海の女神ということから、台湾でも海に面したところや海の近くなどに古い廟があることが多い。海に囲まれた島国である日本では、様々な土地で姿や名前を変えてお祀りされてきた。

 

ところで私は岐阜の出身である。岐阜は俗に言う「海なし県」で、「岐阜人は海というだけで大はしゃぎ」と時に笑いのネタにされるほど、海にご縁がない。そのかわりと言ってはなんだが、岐阜にはたくさんの川が流れており、長良川の鮎など川における漁は古くから行われてきた歴史を持っている。そこで、ふと、海の無い岐阜でも媽祖様に何かご縁があるような物事があったのだろうか?と気になった。

 

 

・・・というとかっこいいのだけれど、日本にいる時に無性に廟に行きたくなる時がありまして。関東に家があれば横浜に、関西に家があれば神戸の廟に行くのですが、岐阜からはどちらも遠いので、近場にないかと検索したところ、愛知県の犬山市関羽様をお祀りしているところが見つかったんですね。関羽さまがいらっしゃるなら、媽祖様もいらっしゃらないかなー、もし媽祖様に関するなにかがあれば、岐阜に居る時に行ってみたいなーと単純に思ったという、まあそんな話です。

 

昭和の時代、海無し県の岐阜に媽祖様が

 

www.epochtimes.com

 

この記事は横浜媽祖廟のために台南の天后宮から分霊が行われたことを知らせる2006年の記事です。記事の冒頭に繼十多年前分靈到日本岐阜市,國定古蹟台南市大天后宮媽祖今天再分靈到日本橫濱天后宮」とあり、最後に「大天后宮主委曾吉連說,這是大天后宮媽祖第二次分靈到日本,首次分靈是歧阜。と再度書かれています。ざっくり訳せば「数十年前、最初に岐阜市に分霊が行われ、今日第2回目として横浜媽祖廟のために分霊が行われた」という事になります。

 

この第一回の岐阜市のために行われた分霊についてあれこれ調べたところ、台湾の国家文化資料庫内に保存されていた資料から、1969年5月2日に、岐阜から高橋夏三郎さんを代表とした8名の団体が媽祖様をお迎えするために空港に降り立っていることがわかりました。資料の写真には高橋さん一行が北港朝天宮の旗を持って飛行機から降りてくる様子が写っています。 

f:id:hanuru-hanuru:20180927211235j:plain

日本へ向けて出発の様子(北港迓媽祖 より)

1969年5月6日、岐阜市分香団は御神体とともに一路日本へ。 

 

・・・・ん?

北港朝天宮? 大天后宮では??

 

 

さっきの新聞では 大天后宮だったのですが、こちら資料画像(上に貼った画像とは別)

を見るとはっきり北港朝天宮と書かれています。

 

大天后宮?北港朝天宮?

f:id:hanuru-hanuru:20180927212348p:plain

北港朝天宮と大天后宮は距離も離れています。しかし、大紀元の記事では大天后宮の主委である曾吉連さんがそう語ったとはっきりあります。岐阜には朝天宮と大天后宮と二箇所から分霊が行われたということなのでしょうか??

 

北港朝天宮と岐阜については詳しい方が

Twitterでフォローさせていただいてる黒羽夏彦さんが、日本の媽祖様について調べておいでになり、朝天宮から分霊された媽祖様について、岐阜で現地調査を含め、ブログに詳細を書いていらっしゃいました。

 

formosanpromenade.blog.jp

 

学生時代、私は伊奈波通に住んでいましたので、七軒町などは目と鼻の先だったわけなのですが、岐阜も通りも今はすっかり様変わりしているので、当時の事を調べるのは少し難しそうです。ただ、高橋夏三郎さんとともに名前が出てくるもうひとりの高橋さんについては、同姓同名の方が現在もそこに名前があるようなので(私調べ)、もしかしたらお身内の方などがそこに住んでいらっしゃる可能性はあるでしょう。

 

台湾に帰った媽祖様

資料を確認すると、一度は岐阜にいらっしゃった北港の媽祖様は、1970年2月19日、高橋夏三郎さんを始めとする10人の日本人の手によって再び朝天宮へとお戻りになられていることがわかります。資料には10人と書かれていますが写真には9人が写っており、そこに一緒に写っている旗には、「日本朝天宮」の文字が見え、お迎えに来た時と同じ物のように見えます。この時の高橋さんの肩書は岐阜市朝天宮管理委員会会長となっていますので、当時、そのような委員会(またはそれに類するもの)が岐阜にあったことは間違い無いのでしょう。そして、なんらかの事情によって、岐阜でお祀りすることが難しかったために、台湾へ帰りになられることになったのでしょう。

 

 

そんなわけで、朝天宮の媽祖様と岐阜については、おおよその次第がわかったのですが、大正〜昭和の岐阜は非常にオカルティストが跋扈している土地でしたし、朝天宮にしても、大本教の二代教主に出口王仁三郎も訪れている廟ですので、実は思わぬなにかがまだまだ隠れているのかもしれません。

大天后宮の媽祖さまについては、今の所まだ謎の状態ですが、少しづつ合間を見て調べてみたいと思っています。

 

※一番上の画像は台湾最古の媽祖廟である、澎湖天后宮の方が写して私にくださった金面媽祖様(大媽,二媽、三媽)です。この廟の方には様々な事を教えていただきました。またぜひ訪れたいと思っています。

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
霊視 ブログランキングへ スピリチュアルメッセージブログランキング

上記の画像またはリンクテキストをクリックしていただくと、

ランキングサイトにあなたの一票が入ります。

1日一回応援クリックしていただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いします。